もはやラジ日記と言うよりミニッツ日記ですね…(^^;)


by ryomapa
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

走ってきました!

c0086129_19374294.jpg

こんにちは〜(^∀^)ノ

さて、何もネタが無く久しぶりの更新となってしまいました(^^;)

って事で先週はイチムラさんの定休日と重なり走れませんでしたが、今週は走りに行ってまいりました。

昨日はちょうど自分が行った時には誰も走っておらず、一人ぼっちで貸切状態だったんでF1のセッティングをタイムを計りながら色々試してみる事にしました。

先ず1パック目は前回の状態のままでコースインしてみると、ピニオンが6Tって事もありタイムも14秒8台と激遅…

って事で、2パック目はイチムラさんのF1レースのレギュに合わせてピニオンを6Tから8Tに変更してみると、タイムも14秒0台までアップしましたがまだまだちょっと扱いづらさも残ってますし、更なるタイムアップを目指して更に細部のセッティング変更を試みてみる事に…

3パック目は以前ネットか何かで見たシャーシ前部のサーボギア辺りの4本のネジを半回転程緩めてみるのにチャレンジしてみると、何となくステアリングの反応がマイルドになって初期のカクカクした感じが減って、なかなかの好感触…(^w^)タイムもようやく14秒を切り、13秒8台へ突入!

とは言え、13秒8台じゃまだまだ激遅なんで更なるタイムアップを狙います(^^;)

ここでふと、前回JRさんから「フロントが落ち着かないようならフロントのトーアウト試してみたら?」と言われた事を思い出し、ショップで写真の3レーシング製のアルミタイロッドを入手して、早速取り付けて走ってみると、コレが今まで気になっていた初期のピクピクがなりを潜め、なかなか良い感じ…(^w^)

タイムもこのパックで13秒6台、更に次のパックでは最終的に13秒5台までタイムアップしましたが、残念ながらここで時間切れとなってしまいました。

しかし、クルマ自体の感触はかなり良かったんで、もうちょい走り込めは13秒前半位までは狙えそうな感じ…(*^o^*)

次の練習の予定は来週の27日を予定してるんですが、次回はりょうまも一緒にいけそうなんで、自分のセットをりょうま号にコピーして走ってもらいますが、りょうまはレイアウト変更後のイチムラさんではまだ走った事が無いんでどんな走りになるかは未知数ですが(笑)とりあえず今のクルマの状態ならタイムはさておき"普通"には走れるんじゃないかと思っています。

それでは今日はこの辺で、また次回お会いしませう〜(;∇;)/~~
[PR]
# by ryomapa | 2011-06-23 19:37 | ミニッツ

ネタが無い…

こんにちは〜(^∀^)ノ

さて、ってな感じでいつものように始まりましたが、ぶっちゃけ何もネタがありません…(^^;)

まぁ昨日は仕事が休みだったんですが、昨日はあいにくイチムラさんがお休みで走りに行く事も出来ず、ずっと家におりました( ̄3 ̄)

で、昨日何をやってたかといいますと、午前中は3年前から飼ってるクワガタ(コクワ&ヒラタ)のケースの手入れをしたりしながらずっとゴロゴロしていて、午後からは家のママチャリがパンクしてたんでそれを自分で修理して、そしたら子供達が帰ってきたんで宿題をやらせてから修理したママチャリの試運転(笑)を兼ねてりょうま、そうし、自分の3人で近くのサイクリングロードを軽くサイクリング…帰宅後は子供達に軽く食事をさせてから剣道に連れて行って…その間はずっとモンハンやってた…ってな感じの見事に平凡なお父さん(笑)の1日ってを過ごしてました(^^;)

まぁ自分は基本的に平凡なお父さんなんでコレはコレで普通っちゃあ普通の休日なんでしょうけどね(笑)

って事で何の面白味も無い平凡な休みの日記って事で今日の所はこの辺で、また次回お会いしませう〜(;∇;)/~~
[PR]
# by ryomapa | 2011-06-16 11:28 | ただの日記

展示用タイヤ

c0086129_1375958.jpg

c0086129_1375930.jpg

こんにちは〜(^∀^)ノ

さて、パパリック・ヘッド氏主導の(笑)F1テストを済ませ当面はF1をメインで活動する事を再確認しました。

まぁ自分としてはF1は他のミニッツよりスケール感を特に重視しておりましてデカール追加等のディテールアップなんかも施して普段から余ったASのケースに入れて飾ってあります(他のミニッツはRCバッグに入れて保管してます)

そこで問題になるのがタイヤで走行用のタイヤを履いたまま飾っておくと変形してしまったり日差しで劣化したりと、あまりよくないらしいんで、じゃあタイヤを外して飾っておけば‥って事になりますが、それではスケール感もヘッタクレも無くなるんで、いっそのこと走行用とは別に展示用タイヤを作っちゃえばいいんじゃね?って事で早速作ってみました。

今回は写真1枚目のようにBBSタイプ、Enkeiタイプ、OZタイプのホイルを用意して全てタミヤのマットブラックで塗りましたが、BBSタイプのみF248用として色を塗らずシルバーも用意してみました。

京商からはBBSタイプとEnkeiタイプはシルバー、OZタイプは黒が発売されている訳ですが、ここ最近の実際のF1はマグネシウム製のホイルを使っているって事もあり黒いホイルを使っているチームが多いんでそのまま使うとリアリティが無くなるんで黒く塗ったんですが、唯一黒が発売されてるOZタイプもテッカテカの黒いプラスチックの成形色のままなのが格好悪いんで敢えて色を塗っちゃいました(^w^)

で、それに装着したタイヤですが、展示用って事で実際に走る訳ではないんでフロントは50°、リアは30°と硬度が高めのタイヤを装着。

何故こんな硬いタイヤを使ったかというと、タイヤラベルを貼る時に硬いタイヤの方が貼り易く剥がれにくいし、写真2枚目のようにタイヤにライン
を入れるのも硬い方がやり易いって理由で硬度が高いタイヤを選んでみました(^_^)v

前回は走行に落とし易いように水性のポスカのグリーンライン(ハード側)を入れてましたが、今回は展示用で後で落とす必要がないんで油性のペイントマーカー(極細)でホワイトライン(ソフト側)を入れて、更にブリヂストンのロゴもばっちり貼って、展示用タイヤが完成!(^O^)

まぁこれは完全に自己満足の産物なんで、こんな所に書く事でもないかもしれませんね(笑)

それでは今日もこの辺で、また次回お会いしませう〜(;∇;)/~~
[PR]
# by ryomapa | 2011-06-10 13:07 | ミニッツ
c0086129_919848.jpg

こんにちは〜(^∀^)ノ

昨日に引き続き登場、パパリック・ヘッドです(笑)

さて、昨日お伝えした通り、ヘレス(イチムラさん)でフェラーリF248ののシェイクダウン&テストを行って参りました。

昨日のヘレスサーキットには我がファクトリーム以外にもJRさん率いる鹿さんファクトリー(JRさんともうお一方)も一足先にテストを行っておりました(◎o◎)

我がチームも急いで準備を済ませて早速走行を開始する事に‥

先ずはセットは前回のままでタイヤのみ新品(フロント40°、リア20°)を履いて走り始めましたが、やはり一皮剥けるまではグリップが安定せず神経質な動きをみせて操作にかなり気を使います。

しかし、こればかりは走り込んでタイヤが馴染まないと解決しないので、走り込みながら他の気になる部分に手を入れていく事にしました。

先ず(タイヤの影響もあると思いますが)リアが軽く動きがカクカクした感じがするんでリアのグリップを上げる為にリアカーボンプレートを留めるネジを半回転づつ緩めていってみると、1回転程緩めた辺りでリアがかなり落ち着いた感じになってきました

ただ、ネジを緩めてそのままだと走行中にネジが無くなりそうなんで写真のようにネジ部分にテープを貼っておきました。

因みにテープはRC用の物ではなく100均で購入したスコッチのメンディングテープってヤツです。

しかし、クルマの動きはだいぶ良くなってきたんですが、何やら右コーナーと左コーナーでかなり動きが違うのが気になってきたんですが、自分では原因が解らなかったんでJRさんに試乗してもらうと、プロポの左右の舵角の設定がかなり違っている(10%以上!)事が反面…(汗)

って訳でプロポをちゃんと調整し、更に走り込みを続けるとようやくタイヤも馴染んできたようでクルマの動きもかなり良くなってきたんで、その後は3人でひたすら走って計6パック程走った所でタイムアップとなりました。

今回は思いがけずF1マイスターのJRさんとご一緒出来て、かなり実りのあるテストが出来ました。

コレで何とかウチのエースドライバー(笑)のりょうまが走るまでにクルマを取りあえず普通に走る状態には持って行けそうですね。

それでは今日もこの辺で、また次回お会いしませう〜(;∇;)/~~
[PR]
# by ryomapa | 2011-06-09 09:19 | ミニッツ

F246投入準備

c0086129_13322150.jpg

c0086129_13322115.jpg

c0086129_13322122.jpg

こんにちは〜(^∀^)ノ

お久しぶりの登場パパリック・ヘッドです(ホントこのネタ久しぶり…)

さて、今日はヘレスサーキット(イチムラさん)にて私パパリック・ヘッドのお友達"ジャン・ポッポ氏"(笑)より我がファクトリーにレンタルされた「フェラーリF248」をシェイクダウン及びテストを行ってくる予定です。

まぁもう一台"ポン・デニス氏"よりレンタルされた「マクラーレンMP4/22」のテストも一緒に行いたい所なんですが、こちらはドライバーのスケジュールの都合がつかず、次回以降に持ち越しになりそうです(^^;)

という訳で、F248のテストと言ってもシャーシに関しては昨年モデル(要は今までのシャーシ(笑))を使用するのでセッティングの細かい部分を確認する程度ですが、旧シャーシにF246のボディカウルを搭載する為に多少の加工を施したのでそれについて軽く書いてみたいと思います。(前置き長すぎ…)

F246はフロントウィング中心がかなり低めになっている為、フロントバンパーが干渉してしまいます。

先ずはバンパーのフロントウィングの干渉する部分を写真1枚目のようにカットします。

しかし、F246に限った事ではありませんがF1はバンパーを使用するとフロントの車高が思うように稼げない傾向があります。

という訳で次にフロントの車高確保の為に先ずはバンパー自体も写真2枚目の矢印部分の出っ張り部分をヤスリ等を使って1㍉程削ると約1㍉程車高が上がります。

しかし、我がファクトリーのマシンの場合この加工を施してもフロントバンパーが若干前下がり気味になっていんで、最後に写真3枚目矢印部分のフロントウィング下のバンパーを取り付け部分もヤスリで1㍉削りました。

これで横から見てもバンパーがほぼ水平になり、フロントのクリアランス2㍉程増えました。

因みに我がファクトリーではマクラーレンMP4/22にも同様の加工を施しましたが、MP4/22はF248に比べてバンパーの干渉は少なめですが車高の確保という点ではかなりの効果がありました。

但し、上記のこの加工を行う場合はボディの個体差もあるので現物合わせで確認しながら少しづつ削る事をオススメします

まぁカップ等ではバンパー加工は認められないかもしれないのでご参加までにって事でお願いします。

それではそろそろバッテリーの充電も終わりそうなのでテストに向かう準備をしたいと思いますので今日の所はこの辺で、また次回お会いしませう〜(;∇;)/~~
[PR]
# by ryomapa | 2011-06-08 13:32 | ミニッツ

ディテールアップ完了!

c0086129_8572499.jpg

c0086129_8572452.jpg

c0086129_8572454.jpg

c0086129_8572423.jpg

c0086129_8572480.jpg

こんにちは〜(^∀^)ノ

さて、この間書いた京商オートスケールの「フェラーリF248」の"どうしても許せない部分"を解決すべくディテールアップを敢行いたしました。

まぁこれも前回書いた通りディテールアップって言っても自分には大した工作技術はないんでデカールの追加+αとそのデカール保護の為にトップコートを吹いた位ですけど…(^^;)

追加したデカールは以前マクラーレンMP4/16やフェラーリF2001、ジョーダンEJ11の時にも使用したミュージアムコレクション製の24/1ミニチュアカー用のデカールです。

今回は一気に2枚のボディを用意して、日本GPで使用されたマルボロロゴ仕様とフェラーリのお膝元イタリアGP等で使用されたバーコード仕様の両方を作成しちゃいました。

しかし、マルボロロゴの方はF248用の物が用意出来たんですが、バーコードに関してはF248用の物がどうしても見つからず、2007モデルの(バーコードのデザインがちょっと違う)F2007の物を使用してあるんでちょっとリアリティは下がってしまった点はご了承を…(汗)

写真1〜2枚目がマルボロ仕様、3〜4枚目がバーコード仕様となってますが
バーコード仕様も意外とカッコいいと思いませんか?

って事で、写真5枚目がりょうま用のマクラーレンMP4/22とフェラーリF248の揃い踏みですが、やっぱりF1はカッコいいっスねぇ…( ̄∀ ̄)

今回もデカール貼り後デカールを保護する為にGSIクレイオスのアクリル系トップコートを吹いてあるんですが、最初に塗装面やデカールを食われないよう水性アクリルを吹いて、更に油性アクリルを重ね吹きして最後にプラモ用コンパウンドで磨き上げてあります。

実はこのF248やMP4/22に限らず以前からちょっと気になっていたんですが、ミニッツF1のASボディって最初から貼ってあるデカールなんかも爪でちょっと強くこすったら剥がれるし、なんか他の箱車のASボディに比べて塗装の表面保護が弱い気がするんですよねぇ…

まぁF1のボディは(純正バンパーが付いていれば)構造上クラッシュしてもボディが直接触れる事は無いんで、そこまで塗装が強い必要はないのかもしれませんが、艶もあまり無いしちょっと気になっている部分なんです(^^;)

って事で、マクラーレンの方もデカール追加はやってないんですが、上記の理由で表面保護の為にトップコートを吹いてコンパウンドで磨いてあります。

っていうか手持ちのF1ボディ全てデカール追加に関わらず同じ表面処理をやってあるんですが、まぁ個人的な些細な拘りってヤツですかね(笑)

それでは今日もこの辺で、また次回お会いしませう〜(;∇;)/~~
[PR]
# by ryomapa | 2011-06-02 08:57 | ミニッツ

りょうまも復活

c0086129_17303269.jpg

こんにちは〜(^∀^)ノ

さて先々週の自分に続き、りょうまも役4ヶ月ぶりにミニッツ復活を果たしました。

今回は何時ものようにイチムラさんに走りに行くつもりでしたが、火曜日って事であいにくとイチムラさんは定休日…って事で久々にKHUへ行ってきました

KHUに走りに行くのは昨年の夏以来?だし、先程も書いた通り、りょうまもラジるのは約4ヶ月、自分も先々週走るまで約3ヶ月半のブランクがあるんでかなりの不安がありましたがとりあえず準備をしてKHUへ向かいました。

KHUへ到着すると表のコースを走ってる方は2〜3人おりましたが、室内のミニッツコースは誰も走っておらず貸し切り状態でした。

先ずは何時もようにHMから走り始めましたが、やはりあのテクニカルコースは手強かったですねぇ…(^^;)

もう最初はコケまくりのミスりまくりで2人でコース上を大暴れしてしまいましたが、1パック走り終わる頃には2人共何とか走れるようになり先ずは一安心…(;^_^)=3

その後HMでもう1パック走り、その後Z33搭載のJSCCで2パック走りましたが、やっぱり自分はKHUのコースには苦手意識が強いっスね…(汗)

逆にりょうまはあまり苦手意識はないようで自分より良い感じで走っており自分はついていくのが精一杯でした(^^;)

まぁ何はともあれ、久しぶりに2人で走れて楽しかったです(≧∇≦)

まぁりょうまも3年生になり6時間授業になったりしてなかなか走らせに行く時間が取れなくなってしまってるんで次に2人で走りに行けるのはいつになるかわかりませんが出来るだけ時間を合わせて走りに行きたいと思います。

それでは今日もこの辺で、また次回お会いしませう〜(;∇;)/~~
[PR]
# by ryomapa | 2011-06-01 17:30 | ミニッツ

ニューボディ その②

c0086129_10553741.jpg

c0086129_10553763.jpg

c0086129_10553783.jpg

こんにちは〜(・o・)ノ

さて今日は前回に引き続き、「ニューボディその②パパ編」です。

って事で早速そのニューボディの紹介ですが、まぁ大方の皆さんの予想通りパパのニューボディは最近再販された写真の「フェラーリF248」です(笑)

このF248はフェラーリの2006モデルで、"皇帝"ミハエル・シューマッハが(一時引退する前ね)最後に乗った跳ね馬と有名ですよね

まぁぶっちゃけ自分は某氏のように熱烈なティフォシって訳でも、某大佐のようにM・シューマッハファンって訳でも特別深い思い入れがある訳ではないんですが(笑)個人的にはこのデザインは結構好きだったりします。

前回書いた、りょうま用ニューボディの「マクラーレンMP4/22」もそうですが、この時代の空力パーツがてんこ盛りのF1マシンって賛否両論ありますが自分は結構好きだったんですよねぇ…(^^;)

個人的には速さを追求した究極の車がF1だと思ってるんで、その時代その時代の技術で(勿論レギュレーションの範囲内で)妥協無しで最速を追求した結果がそのかたちになったモノとしての格好良さがどの時代のF1マシンにもあると思ってるんです。

また毎度のごとく話が横道に逸れてしまったんで話を元に戻しますと、実はコレだけ熱弁を奮っておいてアレなんですが、(笑)このAS(オートスケール)のF248、どうしても許せない部分があるんです(≧ヘ≦)

その許せない部分とはこのボディに限った事ではありませが、大人の事情(笑)で貼れないマルボロ等のタバコメーカーのロゴが無い事です。

最近は実際に国(主にヨーロッパ)によって規制があってタバコメーカーのロゴを貼れない事がありその場合は代わりにフェラーリならバーコードで代用されてたりするんですが、コレにはそのバーコードすら貼られていないってのが許せないんです(;`皿´)

まぁこの辺は既にデカールは入手してあるんで今晩からでもパパリック・ヘッドファクトリー(笑)でディテールアップに取り掛かるつもりです、

後は赤の色目がちょっと明るいかなぁ‥とかこの辺のラインがなぁ…とか多少気になる部分もありますが、自分にはそこまての工作技術はないんでその辺は見なかった事にします(爆)

って事でコレからしばらくはりょうまはマクラーレンMP4/22、自分はフェラーリF248で走る事になりますんで、ご一緒した皆さんよろしくお願いしますm(_ _)m

それでは今日もこの辺で、また次回お会いしませう〜(;∇;)/~~
[PR]
# by ryomapa | 2011-05-30 10:55 | ミニッツ
c0086129_17571510.jpg

c0086129_17571575.jpg

c0086129_1757152.jpg

こんにちは〜(・o・)ノ

さて、今日のネタは号昨日チラッと書いたニューボディの話その①りょうま号編です。

今までりょうまのミニッツF1のボディは絶版品の「ウィリアムズFW23」を載せておりましたが、ちょっと思う所がありボディを変更する事にしました。

そのりょうま号のニューボディとは写真の「マクラーレンMP4/22」のカーナンバー2、ルイス・ハミルトン車です。

このMP4/22はマイク・コフランがデザインしたマクラーレンの2007年モデルで後のワールドチャンピオン、L・ハミルトンがF1デビューしたマシンでもあります。

話がちょっと横道に逸れますが、このボディは最近京商から再販されたボディで、先ほどの"思う所"とは要は破損したらパーツ入手が不可能なウィリアムズは今後のレース参戦を見据えて温存させ、現行(再販)品でパーツが入手し易いボディを使おうと思ったんです(この時点で次回公開予定のパパ号のニューボディも予想がつきますよね?そう!アレですよアレ!)

話を本題のニューボディの話にに戻しますと、自分達と一緒に走った事がある方はご存知だと思いますが、自分は今まで同じマクラーレンのMP4/16を使用しとりました。

実は個人的にはWESTカラーのマクラーレンのシルバーアローは大好きなんですが、このMP4/22を含む現在のvodafoneカラーのシルバーアローはデザイン的にあまり好みではないんですよねぇ…(^^;)

まぁ根本的にはカラーリング云々ってよりはM・ハッキネンやK・ライコネンが好きだった(ぶっちゃけハミルトンはあまり好きでは…(^^;))事もあり彼等が駆っていたWESTカラーのマクラーレンの印象が強いって事や、マクラーレンに限らずE・ニューウェイのデザインしたマシンが大好きって事が原因だと思うんですけどね(笑)

って事で個人的には正直このボディにあまり興味無かったんですが(笑)何故かりょうまはハミルトンが結構好きらしく「ハミルトンの車カッコいいよねぇ…(≧ε≦)」と言ってたんで上記の理由と合わせて導入を決めた次第です

しかし、実際にシャーシに載せて色々な角度から眺めてみると、コレがそんなに悪くない…(笑)喰わず嫌いであまり実際のF1中継でもジックリこの車を眺めた事は無かったんですが、さすがは大外しはしないマクラーレンって感じの車ですよね

まぁ何はともあれ、しばらくは本人もお気に入りのこのボディでメカニックのパパリック・ヘッド(懐かしい…(笑))共々腕を磨いてもらい、いずれはレースに参戦させてみたいと思っております。

それでは今日はこの辺で、また次回お会いしませう〜(;∇;)/~~
[PR]
# by ryomapa | 2011-05-27 17:57 | ミニッツ

タイヤ張り

c0086129_18274989.jpg

c0086129_18274973.jpg

こんにちは〜(・o・)ノ

さて、前回久しぶりの走行でなかなか良い感じで走ってくれたミニッツF1ですが、前回の練習レポでも書いた通りフロントタイヤを30°の溝無しから40°の溝有りに変更しました。

今まではフロントタイヤはセッターを使って溝を削り落とした30°をずっと使っていて殆ど変更した事がなかったんでスペアを含めた手持ちフロントタイヤもそれしか持ってなかったのでパパ用、りょうま用のメイン&スペア用にタイヤを貼る事にしました。

タイヤの貼り方についてはフロントについては特別変わった事はせず、タイヤの内側とホイルをよく脱脂して両面テープで貼るだけなんですがリアはだいぶ前にも書いた通り、インナー代わりに厚手(0.5ミリ)の両面テープを使って貼りました。

それから今回はこの後パパ号、りょうま号共々ボディを変更する予定なんで(何に変更するかはまた後日‥)パパ号の方は今までOZタイプの黒だったホイルからシルバーのBBSの7スポークタイプのホイルを使ってみました

まぁF1に詳しい方ならシルバーのBBSの7スポークタイプ‥って事で何のボディかすぐにピンとくるとは思いますけどね(笑)

最後に写真を見てもらうと分かると思いますが、今回実際のF1同様にタイヤのグルーブ(溝)にラインを入れてみました。

今回は40°にハードを示すグリーン、30°にはソフトを示す白のラインを入れてみました(F1好きな方なら分かりますよね)

あっ!勿論走行前にはコースを汚さないようラインは消しますよ!

ラインを入れたのは写真2枚目のポスカの極細で、このポスカは水性ながらゴムやプラにも書けるペンで落とすのも簡単ですからね(^_^)b

って事で、次回は新しいボディについて書いてみたいと思います。

それでは今日はこの辺で、また次回お会いしませう〜(;∇;)/~~
[PR]
# by ryomapa | 2011-05-26 18:27 | ミニッツ