もはやラジ日記と言うよりミニッツ日記ですね…(^^;)


by ryomapa
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:玩具&アニメ( 28 )

ささやかな楽しみ

c0086129_9213224.jpg

c0086129_9213214.jpg

c0086129_9213266.jpg

c0086129_9213260.jpg

c0086129_9213248.jpg

こんにちは〜(^∀^)ノ

さて、この1〜2ヶ月RCには全く触れておりませんでしたが、昨日も書いた通りゲームやら何やらをやって暇つぶしをしておりました。

その中の一つとして以前より大好きなガンダムグッズ(主にフィギュアですが)集めも細々とやっていて今回はその中の一部をご紹介したいと思います

と言っても、今日紹介するのはFIXやジオノ等の大物ではなく、コンビニ等で普通に売ってる無稼働のフィギュア…俗に言う食玩ってヤツですけどね…(^^;)

まずは写真1枚目の「RX-0ユニコーンガンダム(ユニコーンモード)」、写真2枚目の「FA-010S フルアーマーZZガンダム」が最近入手したブツです(笑)

これはバンダイから発売されているSTANDartシリーズという食玩でサイズ的には全長12〜13cm位のミニサイズのフィギュアで、このSTANDartシリーズとの出会いは2年程前に近所のコンビニで写真3枚目の「ウィングガンダムゼロ(EW版)」を発見し、衝動買いした事から始まりました。

その後、半年程前に写真4枚目の「ユニコーンガンダム(NT-Dモード)」を購入、更に最近上記のユニコーン、ZZを入手して計4体となりました。

このユニコーン&ZZは震災から2〜3日後の商品が殆ど無くなった某コンビニの片隅に追いやらていた物を見つけて購入したモノで、震災直後の混乱状態の時にこんな物を購入して現実逃避してるなんて賛否両論はあるとは思いますが、自分的にはこんな物でも自分のやる気の元になる物なんです

実はウィングガンダムゼロも震災で家の中がぐちゃぐちゃになった際にツインバスターライフルが一本折れてしまったんですが、敢えて補修せずそのままにしてあります

何だか話が暗い方にいきそうなんで話を戻しますが、このSTANDartシリーズは前述のように12〜13cm位のコンパクトサイズなんですが、造形もスタイリッシュで質感も(値段の割には)なかなかの物でお気に入りなんですよねぇ〜(⌒〜⌒)

基本的にガンダムに関してはファースト至上主義でUC(宇宙世紀)のストーリーしか興味が無く、更に根っからのジオンシンパ(笑)な自分はジオノやMIA等の大物のフィギュアは(唯一フルアーマーユニコーンを除き)殆どジオン系しかコレクションしていませんが、逆にこのSTANDartはガンダム系をコレクションしております。

逆に言うと、ガンダム(連邦)系に関しては大物でなく小物で充分ってトコかも知れませんけどね…(笑)

という訳で、この4体のMSは写真5枚目のように一つの台座に並べて飾ってありますが、写真をよく見てもらうと分かる通り台座はミニッツのASCのケースを流用しています(笑)

とまぁ、ここ最近は(まぁぶっちゃけ最近に限った事じゃありませんが…(^^;))こんな感じでゲームやフィギュアとオタク街道まっしぐらってトコですがボチボチRC復活に向け準備も開始していきますかね…

それでは今日もこの辺で、また次回お会いしませう〜(;∇;)/~~
[PR]
by ryomapa | 2011-04-23 09:21 | 玩具&アニメ

ガンダム祭りじゃあ〜!!

c0086129_9251360.jpg

c0086129_9251350.jpg

c0086129_925139.jpg

c0086129_9251384.jpg

こんにちは〜(^∀^)ノ

さて今日はある"ブツ"が入手できたんで久々に「男のガンダム祭り(笑)」を開催します(^w^)

その"入手したブツ"とはGFFの「RX-0フルアーマー ユニコーン」です。

相変わらず写真が汚くて申し訳ありませんが(笑)、コレは劇中に登場した"フルアーマー仕様"のユニコーンガンダムで、ユニコーンはもとよりジェガン等の武装やベースジャバーのペラントタンクを装備して、攻撃力と推進力を向上させた仕様です。

まぁ名称はフルアーマーとなっていますが、実際は主人公バナージ・リンクスがユニコーンガンダムで最終決戦に向かう際にバナージの友人タクヤ・イレイの発案でネェルアーガマ内にあったパーツを使い、火力の強化とそれに伴う機動力の低下を補う為に推進力を強化した仕様なんで個人的には装甲と火力を強化するコンセプトとなっているフルアーマー化とは違っているんで(このフルアーマーユニコーンは装甲は強化されていない)厳密にはフルアーマー仕様ではなく武装強化仕様と呼びたい物ですけどね(^^;)

と、ここでお約束の自己満足的機体解説をしますが本体となっている「RX-0ユニコーンガンダム」の機体解説はアチコチに書かれてるんで、ここでは追加武装に絞って解説したいと思います。


追加されている装備は、両腕と背部にビームガトリングガン2丁とシールドを計3セットマウント、バックパック両脇にはフレームを増設し、そこにハイパーバズーカを2丁固定、バズーカ本体武装マウントフレーム代わりとして三連装対艦ミサイルランチャーが2基、グレネードランチャー2丁、ハンドグレネード(1セット6個)2セットが装着されている。

両すね部分にハンドグレネードを2セット、右マニュピュレーターには標準武装のビームマグナムを装備し、更に増加した機体重量を補う為に94式ベースジャバーのスラスターを流用した巨大なロケットブースター2基を背部に取り付けられている。

これらの追加装備はユニコーンモードとデストロイモード(NT-D)、どちらの形態にも支障をきたさないように配置され、使用済みとなった装備はそのたびにパージされる。

計17門の火砲はインテンショナル・オートマチック・システムによりリモートコントロールされ、搭乗者の思考(感応波)を感知するとオートで照準をロックする事が出来る。

と言った所で気も済んだ所で(笑)このフルアーマーユニコーン、当然追加装備を外して写真4枚目のように通常のユニコーンガンダムの形態にも出来るんですが、写真をご覧になれば分かる通り、露出したサイコフレームが通常の赤ではなく緑色となっていますがコレはコレでカッコいいっスよね(^w^)

ただ難点を挙げさせてもらうと、コレだけの武装が装備されていいるおかげで単体での自立は出来ないし(他のGFF同様スタンドは付属してます)、可動範囲が小さくなってしまいポーズが限られてしまうのがちょっと残念ですね(^^;)

でもまぁ、全体的には過去のGFFに比べても出来はかなり良いとは思います(^_^)b

まぁ自分には某ガンプラマイスター様(笑)程の技術も根気も無いんで気に入った完成品をちょこちょこと集めていきます(^^;)

それでは今日はこの辺で、また次回お会いしませう〜(;∇;)/~~
[PR]
by ryomapa | 2010-09-27 09:25 | 玩具&アニメ
c0086129_916133.jpg

c0086129_916130.jpg

c0086129_916176.jpg

c0086129_916170.jpg

「えぇい!ファンネル達、一番熱量の高いミサイルだ、当たれー!!」

たまにRCを走らせていて、あまりの不甲斐なさに「自分も強化人間になりたい…(T_T)」と思う事はありませんか?自分は多々あります…こんにちは、りょうまパパです

さて、今日は本当に久々のガンダム祭りって事で、懐かしいガンダム名セリフの掴みから始めてみましたがどうでしょう?(笑)って事で今日の本題に入り、これまたお約束のアレから始めます(笑)

それじゃあ新しく我が家のコレクションに加わったモビルスーツよ出て来いやぁ〜!!(」゜□゜)」

って事で今回入手したのはHCMproシリーズの「ヤクトドーガ(ギュネイ専用機)」です。

これは最近隣町に大型リサイクルショップが出来たんでチラッと覗きに行ったら、ジャンク品のコーナーにコイツがあったんで思わず購入しちゃった物です(^^;)

ジャンク品って事ですが箱も結構キレイだし、中のフィギュア自体め見た目は新品同様なんでなんでジャンク扱いなのかな?と思いながら購入して帰宅後に早速中身を確認した所、ジャンク扱いの意味が判明…

何と、ギュネイ専用機の固有武器であるビームアサルトライフルが紛失しているんです…(>_<)

まぁそれ以外は全ての部品は全て揃っているし、値段が値段だし(何と\500以下!)文句は言えませんけどね…(^^;)

それでは、これまた懐かしい自分の自己満足的機体解説を‥

MSN-03ヤクト・ドーガは第二次ネオジオン抗争時に当初総帥(シャア・アズナブル=キャスバル・レム・ダイクン))専用機として開発されていたAMS-119Nレーテ・ドーガが前身と言われ、この機体を参考にしたAMS-120Xギラ・ドーガサイコミュ試験型の評価試験で運動性に問題があった為に本機が開発される事となった。

とはいえ、大型のスラスターやジェネレーター等の装備追加等でベースとなったAMS-119ギラ・ドーガ系とは全く異なる機体といっても過言ではない。

機体の特徴としてはMSN-04サザビーと同型のファンネルを6個肩に装備しているが、ファンネルの稼動時間はサザビーに比べると短いものの、第一次ネオジオン抗争時の機体に比べれば格段に進化していて機体の基本性能も優れているが、量産機をベースにサイコフレームを用いて半ば強引にニュータイプ専用機に仕立てた為に多少バランスに問題がある

主な搭乗者はニュータイプ研究所出身の強化人間ギュネイ・ガスとシャアに共感してネオジオンに参加したクエス・エア(本名クエス・パラヤ)であるが両者の機体は装備武器等の一部の仕様は異なっているが基本性能に違いは無い


って感じで、充分満足した所で(笑)このヤクト・ドーガに話を戻しますと、元々クエス専用機は持っていたんですが(これも新品ではありますが某所で投げ売りされてたヤツです(笑))個人的には赤いクエス専用機より暗めのカラーリングのギュネイ専用機の方が好みだったんで後で二つを並べて飾りたかったんです

って事で、写真3枚目がギュネイ専用機、クエス専用機の揃い踏みですが、この二つが並ぶとやっぱりカッコイいんですけど、こうなるとシャアのサザビーとレズンの青いギラ・ドーガも揃えたくなってきますね(^^;)

因みにハイコンプロはG-FIX等に比べるとサイズも小さく、値段も安いせいかいか、質感もプラって感じで表面の仕上げもテカテカしていているし、ディテールもちょっと落ちるんでこのギュネイ専用機も以前かったクエス専用機も自分でスミ入れを施して艶消しのトップコートを吹きました

最近はミニッツネタばかりで、この日記ではガンダム関連のネタは全く書いていませんでしたが、写真4枚目のSTANDartシリーズをコンビニに衝動買いしたりとガンダム熱が冷めた訳ではありません(笑)

因みに写真左側はご存知ユニコーンガンダム(デストロイモード)、右側はウイングガンダムゼロですが、これ以外にもSTANDartはF91やら百式やら幾つか持っていますがこの二つが特にお気に入りです(^w^)

まぁこれからもたまにはラジ以外のネタも書いていきますんで、お楽しみに…(b^ー°)

それでは今日はこの辺で、また次回お会いしましょう〜(;∇;)/~~
[PR]
by ryomapa | 2010-03-15 09:16 | 玩具&アニメ
c0086129_964448.jpg

c0086129_964433.jpg

c0086129_964485.jpg

こんにちは〜(・o・)ノ

さて今日は久々に玩具関係のお話を一つ‥

まぁ玩具関係とは言ってもいつものガンプラやフィギュアの話では無く、ホント(?)の玩具の話なのでご了承を‥(笑)

現在ウチのお坊っちゃま達はテレ東(テレビ東京)で日曜朝8:30から放映中のメタルファイト ベイブレードにハマっております。
ここでベイブレードについてざっくり説明しますと、ベイブレードとはフェイス、ウィール、トラック、ボトムの4つのパーツから構成された現代版のベーゴマのような物で上記の各パーツにも色々なバリエーションがあってその組み合わせを変えて改造をして、それをベーゴマのように対戦する玩具です

まぁベーゴマのような物と言っても、それを回すのはランチャーと呼ばれる専用のツールがあり、ホントのベーゴマのように特別な技術は必要ないんで小さな子でも普通に遊べます。


という訳で我が家にもタカラTOMMYから発売されているベイブレードがりょうま用、そうし用と幾つかあり、写真1枚目のように100均で買ったケースに入れてあり、二人で対決して勝ったの負けだの騒いでおります(ノ><)ノ(^∀^)ノ
因みにその対戦をするためにはやはりベイブレード専用のベイスタジアムと言う物がありやはりコレも買わされ、タカラの戦略にまんまと乗せられています(^^;)

そんな訳で、たまに自分も子供達と一緒に遊んでいますが、基本的には力の差は関係ないらしく、パーツの組み合わせによるベイ本体の特性が物を言うらしく、大人の自分がアッサリそうしに負けたりする事があったり、コレが意外と熱くなっちゃうんですわ…(^^;)

確か自分も小学生の頃にベーゴマが流行って必死にやってたのをちょっと思い出ちゃったりしました

という訳でもうしばらくはこのブームは続く事でしょうね(^^;)

最後に写真2枚目がりょうまのお気に入りのべイ「ストーム ぺガシス」と「アース アクイラ」で、写真3枚目がそうしのお気に入り「ライトニング エルドラゴ」と「ストームカプリコーネ」です。

そういえば、二人共発売される新しいべイ「バーンフェニックス」が欲しいらいんで、クリスマスのプレゼントにと思っているんですが、新作のべイは発売と同時に完売状態になってしまうんで、なかなか入手が難しそうなんですが頑張って探してみますかね(^^;)

それでは今日はこの辺で、また次回お会いしましょう〜(;∇;)/~~
[PR]
by ryomapa | 2009-11-17 09:06 | 玩具&アニメ

連載終了ですが

c0086129_12183373.jpg

c0086129_12183496.jpg

c0086129_12183483.jpg

c0086129_12183462.jpg

こんにちは~(^o^)/さて久しぶりの連日更新ですが、今日もラジネタではありません(^^;)
月刊ガンダムエースで連載されていた福井晴敏原作の「ガンダムUC」が今月号で遂に最終回を迎え、物語が完結しましたね。
ネタバレするのであまり詳しくは書きませんが、ラプラスの箱の正体って○○だったんだぁ…とかフル フロンタルって○○○○だったんだぁ…等々個人的には結構意外な結末だったりしました( ̄○ ̄;)
って事で連載も終わり、アニメ化の情報もちょっとづつではありますが公表されてきていますね
添付した画像はUCの主要人物の設定画ですが、1枚目から主人公バナージ・リンクス、オードリー・バーン(ミネバ・ラオ・ザビ)、マリーダ・クルス(プルトゥエレブ)、リディ・マーセナスとなっていて、個人的にはマリーダが若干あんまりプルっぽくないかなぁ…って気はしますが、まぁ概ねイメージ通りかなぁってとこですね
後は登場するMSを始めとしたメカ関係ですが、此方は流石カトキハジメデザインって感じで文句なしって感じで益々期待が高まりますね(≧ε≦)
それにアニメ化と連動してプラモデルやフィギュアを始めとした玩具関係もUC関係が一気に充実してくるようでこちらも個人的にはか~な~り期待しております(☆o☆)
先ずはHGUCでクシャトリアと、此方はUCと言うより逆シャアのシリーズですがジェガンの発売が決定!
因みにUCに登場するジェガンはマイナーチェンジモデルのD型とスタークジェガンですが、ジェガンのバリエーションとして発売される可能性も…
フィギュア関係ではS-HCM ProとROBOT魂でユニコーンガンダムの発売が決定したようで、勿論、ユニコーンモードからデストロイモードへの変形も再現されるようです
この勢いでシナンジュや黒いユニコーン゛バンシィ゛、欲を言えばアンジェロ専用のギラ・ズールや、やはりアンジェロが乗っていたローゼン・ズール、ついでにロンドベルのトライスターが駆るジェスタやジェスタキャノンなんかもモデル化されたら最高ッス(個人的趣味丸出しでスイマセン(^^;))
とまぁ連載は終了しちゃいましたが、まだまだガンダムUCからは目が離せませんね。
それでは今日はこの辺でまた次回お会いしましょう~(・o・)ノ
[PR]
by ryomapa | 2009-07-02 12:18 | 玩具&アニメ

激安ガンダム祭り!!

c0086129_8471375.jpg

c0086129_8471325.jpg

c0086129_8471362.jpg

c0086129_8471313.jpg

こんにちは~(^o^)/さて昨日も書いた通り、この間のヤタベ練習は単にダベって帰ってくる羽目になりその帰り道にアリーナ近くのコ○イチで二人で寂しくカレーを食べてから、ちょっとつくばの某ショッピングモールへ寄り道してきたんですが、そこの玩具コーナーでGWの特売ワゴンセールを二人で物色すると、普通のおもちゃに混じり、ガンダムのMS IN ACTION!!(以下MIA!)シリーズやZOIDS(ゾイド)がチラホラと混じっているのを発見!!
しかもMIA!は全品\500、ゾイドも種類によって\500~\1000と激安だったので早速りょうまと二人でワゴンを引っ掻き回して物色しファースト大好きな(笑)自分用には写真1、2枚目のMSイグルーに登場したヅタ、平成生まれのりょうまは写真3、4枚目のガンダムOOシリーズのガンダムデュナメスを選び、そうしのお土産にゾイドのシールドライガー(コレは\1000でした)を買って帰ってきました。
まぁMIAシリーズは値段も比較的安く、上位シリーズとなるHCproやG-FIXに比べるとディテール的には正直ちょっと落ちますが、それでも結構このヅダはジオニック社のMS(ザクとかグフね)とは違うツィマット社独特の特徴を捉えていてなかなか良い感じだと思います(*^o^*)
しかもこのヅダはイグルー本編でデュバル少佐が乗って空中分解した一号機(隊長機)ではなく、予備機として配備され、最終話に停戦命令が出ているにも関わらず、連邦に袋叩きにあっていたイグルーの主人公オリヴァー・マイの乗るビグラングや学徒兵の乗るオッゴを助ける為にカスペン大佐と共にモニカが乗って出撃した機体をモデル化したちょっとマニア心をそそる機体です。
まぁ一応このMIA!廉価版のフィギュアって事でスミ入れ等はしてないので、自分で軽くスミ入れをしてディテールアップしときました(*^o^*)
まぁ三つ合わせて\1500だったので文句はありませんが、正直デュナメスの方は出来がイマイチなのでそんな気は起きませんでしたけど…(笑)
とまぁ、こんな感じで軽く現実逃避をしてしまいましたが、まだりょうまのレース用のボディ塗らなきゃならなかったり他にもやる事が山程あるのでそろそろ現実に戻ります…(^^;)
それでは今日はこの辺でまた次回お会いしましょう~(・o・)ノ
[PR]
by ryomapa | 2009-05-05 08:47 | 玩具&アニメ

祝!!アニメ化!!o(`▽´)o

c0086129_8542464.jpg

こんにちは~(^o^)/さて若干タイミングを逃した感はありますが、遂にガンダムAで好評連載中の「機動戦士 ガンダムUC」がアニメ化される事になったようです!!
ここで「ガンダムUC」についてざっくり説明しますと、ガンダムUCとはシャアの反乱(逆襲のシャア)の3年後の宇宙世紀(UC)0096年を舞台にしたファーストから繋がる宇宙世紀ガンダムストーリーで、作者は「亡国のイージス」や「終戦のローレライ」の福井晴敏、キャラクターデザインが安彦良和、メカニックデザインがカトキハジメとガンダムファンには涙ものの顔ぶれが揃っています(ホントざっくりな説明ですスイマセン(笑))
ユニコーンガンダムやシナンジュ、クシャトリア等のカトキハジメデザインイカしたMSの動いてる姿を見れるってのも勿論すげー嬉しいんですが、ストーリー的にもかなり面白いのでこりゃあ期待大です!(≧ε≦)
ただし個人的には若干気になる点もいくつかあります…
まずUCには宇宙世紀のガンダムと言えばこの人!ブライトさんも勿論物語のキーを握るロンドベルの司令として登場するんですが、ガンダムファンならよくご存知の通りブライトさんの中の人こと鈴置洋孝さんは既にお亡くなりになっていますから今更違い声で「何やってんの!」とか言われてもイマイチピンとこないですよね…(^^;)
それから袖付きことネオジオン残党の首魁でマスク姿で赤いMSを駆り、シャアの再来と言われるフル・フロンタルの声はやっぱりあの人なのかなぁ…っていう点も気になりますね(笑)
それに現時点ではアニメ化決定と言ってもTVシリーズになるのかOVAシリーズになるのかは不明ですが(まさか劇場版って事は無いでしょうけど…)個人的にはこの方同様、色々と大人の事情(笑)で規制の多いTV版ではなく、比較的規制の緩いOVA版でのアニメ化を期待しています。
だってプルトゥエレブことマリーダやガランシェールのキャプテン、ジンネマンやフル・フロンタルの親衛隊アンジェロ等の過去の話なんかはちょっとヘビーだからTVじゃNGだろうし、リディの父親のマーセナス議員やAEのマーサ達の政治の裏のドロドロした駆け引きなんかも絶対TV向きではないでしょうけど、この辺をバッサリカットされちゃうと話が軽くなっちゃって面白さ半減ですからね(^^;)
と、ここまで読んで何のこっちゃ…と思った方は是非ともガンダムAで好評連載中のガンダムUCをお読みください!単行本も出てますから!(爆)
まぁ何にせよ楽しみですねぇ(≧ε≦)
それでは今日はこの辺でまた次回お会いしましょう~(・o・)ノ
[PR]
by ryomapa | 2009-04-29 08:54 | 玩具&アニメ

トレーディングカード

c0086129_8531516.jpg

こんにちは~(^o^)/さて今日はラジネタではなく、ウチの子供達が最近凝ってるモノについて書こうと思います。
最近ウチの子供達は二人共あるカードゲームにハマっております。
そのカードとは遊○王とかのメジャーどこではなく、写真のバトルスピリッツ略してバトスピというカードです。
このバトスピとは何でもバンダイがカードダス発売20年を記念して発売されたあのサンライズ企画のトレーディングカードで、サンライズと角川書店とのメディアミックス戦略でテレビ東京でのアニメ放映、自分の愛読書(笑)ガンダムエースの兄弟誌ケロケロエースでも連載されているようです(正直、自分も詳しくはわかりません…(^^;))
コレに子供達がハマり出したきっかけは土曜日の朝に放映中のこのアニメ、少年突破バシンを観ていて自分達もこのカードが欲しくなったようです…(^^;)
それ以来、塾(公文と英語)を頑張ってきたらご褒美って事で1パック(8枚入り)づつコンビニ等で買ってあげてるんです
まぁ簡単に言ってしまうと、目の前に餌をぶら下げて塾を頑張ってもらおう…という自分達夫婦のいやらしい作戦ですが…(笑)
まぁゲームのルール自体は二人とも殆ど分かってはおらずただ単にカードを集めるのが楽しいだけって感じみたいで、いつも二人であーでもないこーでもないとお互いのカードの品評会をやって遊んでるって感じで、自分達には何が楽しいのか正直ちょっと理解出来ません(笑)
でもよく考えてみると、自分も子供の頃に当時ポテチのおまけだった仮面ライダーカードやプロ野球カードとかを集めていた事があったり、自分達の後の世代だとビックリマンシールとかがブームになったりと、時代が変わってもやっぱり男の子ってこーいう物が好きんだなぁ…と思ったりしながら子供達を眺めています…(⌒~⌒)
まぁ我が家ではしばらくはこのブームが続くんでしょうね(; ̄_ ̄)=3
それでは今日はこの辺でまた次回お会いしましょう~(・o・)ノ
[PR]
by ryomapa | 2009-03-11 08:53 | 玩具&アニメ

初ガンプラ

c0086129_8475358.jpg

c0086129_8475324.jpg

c0086129_8475368.jpg

c0086129_8475350.jpg

こんにちは~(^o^)/さてこの間の正月休み代わりの連休はただひたすら家でダラダラと過ごしていたんですが、実はちょっとこんな事をやってました。
自分と違い、奥様はお正月は三が日は休みだったんですが、その間に奥様、りょうま、そうしの三人で買い物に行ったらしくその時にりょうまはもらったお年玉でガンプラを買ってきていたらしいんです(・◇・)
まぁガンプラと言ってもお子ちゃま向けのSDガンダムシリーズのザクⅡですけどね(笑)
どうやらちょっと前に、自分がHGの旧ザク&ゲルググを作ったのを見てたり、ガンダムおじちゃんの影響で自分でもガンプラを作ってみたい…と思ったようです(^^;)
しかし、初めて買うガンプラが現在放映中のガンダムOOのシリーズでなく、敢えてザクⅡそれもただの量産型を選ぶあたりは我が子ながら将来有望ですね(爆)
まぁそれはさておき、りょうま本人が「自分で全部作る!」と言うので、自分はパーツのバリをデザインナイフで取る(流石にカッター使わせるのは危ないので…)以外は横でたまにアドバイスする程度で手は出しませんでした(^^;)
そんなこんなで人生初ガンプラは写真1、2枚目のように悪戦苦闘する事約30分、途中で頭部の動力パイプや両腕を左右付け間違えたりの軽いミスはありましたがなんとか無事完成(;^^)=3
まぁ初めてって事で色塗り等は一切無しの単なるパチ組みですが写真3枚目のようになりました。
りょうま本人的にはかなり満足のいく出来だったらしく、「これはパパのガンプラと一緒飾っておいて(*^o^*)」と言う事だったので仕上げに自分が軽くスミ入れして一緒に飾っておきました。
りょうまは完成したこのザクをニヤニヤしながら眺めて「次作るのはドムかグフをだなぁ‥」とちょっとこれまた前途有望な事(笑)を言っておりますが、どうなる事やら…(^^;)
それでは今日はこの辺で、また次回お会いしましょう~(・o・)ノ
[PR]
by ryomapa | 2009-01-13 08:47 | 玩具&アニメ
c0086129_7544854.jpg

c0086129_7544840.jpg

こんにちは~(^o^)/さて今日も昨日書いた通り、自分が作ったもう一体のガンプラについて書こうと思います。
そのもう一体とは旧ザクと一緒に買ったハイゴック…では無く「MS-14Aゲルググ」です(実はハイゴックには、まだ全く手を付けていません…(^^;))
しかも、このゲルググは量産型でもシャア専用でも無く、個人的趣味でちょいとマニアックなカラーリングにしちゃいました(笑)
このゲルググはフル3DCG作品「MS IGLOO黙示録0079」に登場したヘルベルト・フォン・カスペン大佐の専用カラーで、これはいくら何でもプラモデル化はされないだろうなぁ…と思い、なら作っちゃえ!って事で作ってみたんです(笑)
まぁカスペン大佐専用機は、最近MIA!シリーズで同じくイグルーに登場したヅダ等と一緒に星一号作戦シリーズとしてはモデル化されているんですけど…
って事で、この辺で毎度お馴染み自己満足的機体解説を少々…
MS-14ゲルググは、ジオン製MSとしては初めてビームライフルを装備した機体であり、機体のスペック的には全ての面で連邦軍のRX-78ガンダムと同等か上回っており、量産機としては破格の高性能な機体ではあったが、実戦投入された戦争末期にはジオン軍では既に熟練パイロットが不足しており、大半が経験の未熟な学徒動員兵等によって運用された為に期待程の戦果はあげられなかった。

という感じでスッキリした所でこのなんちゃってカスペン大佐専用機に話を戻します(笑)
このゲルググはパーツ追加や組み替え等はしておらず、まぁ旧ザク同様、細かいディテール調整や繋ぎ目を消す等の作業はやってありますが、基本的にはカラーリングを変えただけで殆どキット素組みの状態です(^^;)
塗装に関しても旧ザク同様、全て筆塗りで原作同様に硬質な質感を出したくて、ボディ部分等の黒っぽい部分はGSIクレイオスの焼鉄色、頭や手足等のグレーの部分はGSIクレイオスのガルグレーにシルバーを少量混ぜてみました。
そして最後にガンダムデカールを貼ってから全体の色調を落ち着かせる為に艶消しのトップコートを吹いてあります。
まぁこの写真の出来ではあまりその辺の些細な努力は伝わらないと思いますけど…(涙)
それから何故、急にこんなちょいとマニアックなMSを作ろうと思ったかと言うと、昨日書いた旧ザクの部品待ちの間にヒマ潰しにイグルーをレンタルして観ていたら、どうしてもこのカスペン大佐専用ゲルググかズダが作りたくなっちゃっいまして…(^^;)
だってカスペン大佐って最初は狂信的でただの傲慢な嫌なヤツ…とか思ってたんですが、最後に休戦命令が降りているにも関わらず、イグルーの主人公であるオリヴァ・マイが乗る支援MA「ビグ・ラング」や学徒動員兵達が乗るモビルポッド「オッゴ」を取り囲み攻撃を止めようとしない連邦軍からオッゴ部隊を救出する為、「待たせたな、ひよっこども!」とこのゲルググで駆け付け、自らの機体を盾にオッゴを守り銃弾でコクピットまで蜂の巣にされ、ア・バオア・クーに散ったシーンに完全にヤられちゃったんです…(≧Д≦)ゞ
とまぁ、こんな感じで久々にガンプラ作りをやってみましたが、仕上がりはさておき、やっぱりガンプラ作りは楽しいっスね(*^_^*)
これからも暇な時にチョコチョコと作ってみたいと思います。
それでは今日はこの辺で、また次回お会いしましょう~(*^-')ノ
[PR]
by ryomapa | 2008-11-14 07:54 | 玩具&アニメ