もはやラジ日記と言うよりミニッツ日記ですね…(^^;)


by ryomapa
カレンダー

2009年 01月 19日 ( 1 )

c0086129_9121665.jpg

c0086129_9121646.jpg

こんにちは~(^o^)/さて今日はホント久々のオッサンの呟き…です
さて今日のネタですが、GUN&映画についてです。
実は自分はラジを復活させる前はちょっと銃関係(当然エアガン)に凝っていました。
まぁ自分達位の年齢の人しか分からないと思いますが、(笑)ちょうど小学生位にTVで放映されていた「コンバット」を観たり、アニメのルパンⅢ世でルパンが使っていたワルサーP-38や、次元が使っていたS&W M19コンバットマグナムに憧れたりしていたりしていたりしていたので、RC同様大人になってその時の憧れが復活しちゃったんですね(^^;)
しかし、何故大人になってからGUNへの憧れが復活したか?と言うとある二本の映画がきっかけなんです。
その二本の映画とは、ちょっと古い作品ですがジョン ウー監督の出世作「男達の挽歌」とこれまたロバート ロドリゲス監督の出世作「デスペラード」です(*^o^*)
まず「男達の挽歌」ですが、今は「レッドクリフ」や「フェイス オフ」等でハリウッドで大活躍中のジョン ウー監督の香港映画時代の作品で、こちらも現在はハリウッドで活躍中のチェ ユンファ主演の香港ルノワールの傑作と言われた男臭さ全開のアクション映画です
この映画でのチェ ユンファは男の自分でも惚れ惚れする位カッコイいいし、ストーリー的にも兄弟の絆や男達の熱い友情を描いていてかなりグッとくるんですが、それに加えて流石ジョン ウー!と言いたくなる程アクションが凄い!!
チェ ユンファ演じるマークが二丁拳銃(ベレッタ92F)でド派手なガンアクションを演じるんですが、いくら撃たれも死なないとか何であんだけ撃っても弾切れしないの?とかヤボなツッコミな無しで(笑)あのスローモーション等を効果的に使ったジョン ウーワールド全開のアクションシーンを堪能してください!もうヤミツキになる事は確実です!(≧∇≦)
そして「デスペラード」ですが、こちらは正直ストーリー的にはちょっとチープですが(笑)ロドリゲス監督ワールド全開のお馬鹿&ド派手なアクション映画です(`∇´ゞ
まぁざっくりストーリーを説明しますと昔ギャングに恋人を殺されたアントニオ バンデラス演じる主人公マリアッチがそのギャングのボスを復讐する…っていう話なんですが、こちらは先ほどの「男達の挽歌」を上回るド派手&お馬鹿なアクションシーンが見ものです。
情報を得ようとしたバーでいきなりギャング達に正体がバレ、コートの袖から二丁の拳銃(スタームルガーKP-85)が飛び出して弾数無視(笑)のド派手な銃撃戦をしたり、ギターケースがマシンガンやロケットランチャーになってたりと冷静に考えるとオイオイ…って感じる点もありますが、観ている間はそれを感じさせない程のスピーディーかつ派手なアクションシーンが連続して最後まで一気に観てしまう感じですね(☆o☆)
余談ですが上記のバーのシーンでロドリゲス監督の友人である、あのクェンティー タランティーノがチンピラ役でチラッと登場して銃撃戦に巻き込まれてあっさりと死んでしまったり…なんてシーンもあります(笑)
主演のアントニオ バンデラスもかなり男臭さ全開のカッコよさを出してますし、これまたかなりオススメの映画です!(*^o^*)
とまぁ、この二本の映画を同時期に観たおかげでガンマニア熱が再燃しちゃった訳です…(^^;)
ホントはこの後自分の好きなGUNについて熱く語るつもりだったんですが、ちょっと映画について熱く語り過ぎ話が長くなってしまったので(笑)それはまた次回って事で…(^^;)
それではまた次回お会いしましょう~(・o・)ノ
[PR]
by ryomapa | 2009-01-19 09:12 | オッサンの呟き…