もはやラジ日記と言うよりミニッツ日記ですね…(^^;)


by ryomapa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

鍋の中身は…

c0086129_9212227.jpg

c0086129_9212580.jpg

こんにちは~(^o^)/さて、まずは写真1枚目を見てください…
ちょっと写真が汚くて見ずらいかもしれませんが、鍋の中で何かをグツグツと煮ているのが分かりますか?
この鍋の中身は現在製作中のサイクロンD4の前後サスアーム、Cハブ、ナックル等の樹脂パーツです。
皆さんも経験があると思いますが、冬場は気温が低い為、樹脂パーツの柔軟性が少なくなり、ちょっとしたクラッシュで破損したり、クラックが入り易くなったりしますよね?
それを防ぐ為に樹脂パーツを煮ると良いらしい…と以前に誰かに聞いた事があったので、今回実際にやってみました(^_^)v
何故樹脂パーツを煮ると良いのか…と言うと、煮る事で樹脂に水分が吸収されて柔軟性が増すので、破損しづらくなる…と聞いたと記憶しています(笑)
まぁ自分の事だから(ましてや不馴れなオフともなれば)破損しづらくなるとは言っても、激しいクラッシュをして結局は破損するんでしょうけどね…(苦笑)
話しを元に戻しますと、このパーツを煮る方法も塩を一つまみ入れると良いとか、諸説あるんですが、今回自分が行なった方法は水を入れた鍋にパーツを投入し、そのまま火にかけて沸騰させ、沸騰した状態で約3分程煮たら(あまり長く煮ると熱でパーツが変形しちゃうらしいです…)火を止めて自然に冷ましながらそのまま1晩放置して、パーツを鍋から取り出してタオル等で水気を取り、その後写真2枚目のように乾いたタオルの上に置いて自然乾燥させました。
この方法は樹脂パーツを煮る方法としては、自分が色々な方に教えてもらった中ではおそらく一番オーソドックスな方法じゃないか?とは思うんですが、実際の所はもっと良い方法があるかも知れません…
まぁ興味がある方はあくまで自己責任で試してみてください(^^;)
実際の効果は来月に予定している、D4のシェイクダウンで試してみたいと思います。
それでは今日はこの辺で、また次回お会いしましょう~(*^-')ノ
[PR]
by ryomapa | 2008-01-29 09:21 | アイテム