もはやラジ日記と言うよりミニッツ日記ですね…(^^;)


by ryomapa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ノーコン対策~

c0086129_934426.jpg

c0086129_9344225.jpg

c0086129_9344290.jpg

こんにちは~(^O^)/さて今日も、旧日記の総集編その3です(^-^)
今日は、自分のノーコン対策について書こうと思います。
今回は普段行っているノーコン対策を順に挙げて、後からそれについて説明したいと思います。

1.レシーバー(受信機)にアルミテープを巻く。
2.モーターにノイズキラーコンデンサーを取り付ける。
3.コードにノイズクランプフィルターを取り付ける。
4.配線の取り回しに気をつける。

以上、4つ程挙げましたが、まずは受信機について説明します。
まず、ノーコンの最大の原因になるのは、受信機が余分なノイズを拾ってしまって起きる事が多いので、受信機を余分なノイズから保護する為に普段は、受信機の周りをアルミテープで覆うようにして巻いています。
実はこの方法は、りなパパから教えて貰った方法で、実際にアルミテープを巻くようになってからは、殆どノーコン現象は起きなくなりました。
アルミテープ自体は、100均のダ○ソーで発見した、黒のアルミテープ(写真1枚目)を巻くだけ…と非常に簡単ですが、効果はバッチリです(b^-゜)
値段も安上がりで、それに黒のアルミテープなら受信機に巻いてあっても殆ど目立ちませんので、オススメです(^-^)
次に、モーターのノイズキラーコンデンサーですが、これは回転中のモーターは非常に多くのノイズを発生させています。
そのノイズを軽減させるために、モーターにノイズキラーコンデンサーを装着する訳です。
因みに、自分はノイズキラーコンデンサーは主にMMTモーターマニアの製品(写真2枚目)を使用しています。
MMTのノイズキラーコンデンサーは、高回転域、中回転域、低回転域用の3種類のコンデンサーが用意されているので、状況に応じて使い分けています。

さて、最後に3つ目と4つ目については一緒に説明した方が分かり易いと思うので、一緒に説明したいと思います。
RCの動力用のコードもモーターと同様に非常に強いノイズを発生させています。このコードのノイズを軽減させるアイテムが、ノイズクランプフィルター(フェライトコア)です。
このフェライトコア、バッテリーや、モーターなどマイナス側のコードに取り付け、少しでもノイズを軽減させるのが狙いです。
因みに、自分は比較的にコンパクトなサイズな、カワダのフェライトコア(写真3枚目)を愛用していますが、RC用のフェライトコアはPC用として発売されている物と、基本的には同じ物なので、PC用を流用してもOKだと思います。
それにPC用なら細いケーブル用のフェライトコアもあるので、サーボやESCなどの受信機に繋ぐケーブルにその小型フェライトコアを利用しても良いと思います。
そして最後に配線ですが、いくらフェライトコアを装着したからと言って、コードのノイズが完全に無くなる訳では無いので、ノイズの影響を受けづらくなるよう、出来るだけ受信機からコードを離すようにメカ積みや配線の取り回しを考えています。(^-^)

最後にちょっと注意点なんてすが、これは以前にモーターマニアさんからアドバイス頂いた事なのですが、ノーコンが出た場合、上記のような対策を一度に行うのでは無く、一つづつ効果を確認しながら、ノーコンの原因を特定して、それに合った対策を施すのが効果的だそうです。(ノーコンでは無く、単にメカの故障の場合もありますから)

以上簡単に旧日記に書いた、ノーコン対策について書きましたが、皆さんもノーコンにはくれぐれもご注意くださいね~(^-^)
それでは今日はこの辺で、また明日~
[PR]
by ryomapa | 2007-02-08 09:34 | RCその他