もはやラジ日記と言うよりミニッツ日記ですね…(^^;)


by ryomapa
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ニューボディ その②

c0086129_10553741.jpg

c0086129_10553763.jpg

c0086129_10553783.jpg

こんにちは〜(・o・)ノ

さて今日は前回に引き続き、「ニューボディその②パパ編」です。

って事で早速そのニューボディの紹介ですが、まぁ大方の皆さんの予想通りパパのニューボディは最近再販された写真の「フェラーリF248」です(笑)

このF248はフェラーリの2006モデルで、"皇帝"ミハエル・シューマッハが(一時引退する前ね)最後に乗った跳ね馬と有名ですよね

まぁぶっちゃけ自分は某氏のように熱烈なティフォシって訳でも、某大佐のようにM・シューマッハファンって訳でも特別深い思い入れがある訳ではないんですが(笑)個人的にはこのデザインは結構好きだったりします。

前回書いた、りょうま用ニューボディの「マクラーレンMP4/22」もそうですが、この時代の空力パーツがてんこ盛りのF1マシンって賛否両論ありますが自分は結構好きだったんですよねぇ…(^^;)

個人的には速さを追求した究極の車がF1だと思ってるんで、その時代その時代の技術で(勿論レギュレーションの範囲内で)妥協無しで最速を追求した結果がそのかたちになったモノとしての格好良さがどの時代のF1マシンにもあると思ってるんです。

また毎度のごとく話が横道に逸れてしまったんで話を元に戻しますと、実はコレだけ熱弁を奮っておいてアレなんですが、(笑)このAS(オートスケール)のF248、どうしても許せない部分があるんです(≧ヘ≦)

その許せない部分とはこのボディに限った事ではありませが、大人の事情(笑)で貼れないマルボロ等のタバコメーカーのロゴが無い事です。

最近は実際に国(主にヨーロッパ)によって規制があってタバコメーカーのロゴを貼れない事がありその場合は代わりにフェラーリならバーコードで代用されてたりするんですが、コレにはそのバーコードすら貼られていないってのが許せないんです(;`皿´)

まぁこの辺は既にデカールは入手してあるんで今晩からでもパパリック・ヘッドファクトリー(笑)でディテールアップに取り掛かるつもりです、

後は赤の色目がちょっと明るいかなぁ‥とかこの辺のラインがなぁ…とか多少気になる部分もありますが、自分にはそこまての工作技術はないんでその辺は見なかった事にします(爆)

って事でコレからしばらくはりょうまはマクラーレンMP4/22、自分はフェラーリF248で走る事になりますんで、ご一緒した皆さんよろしくお願いしますm(_ _)m

それでは今日もこの辺で、また次回お会いしませう〜(;∇;)/~~
[PR]
by ryomapa | 2011-05-30 10:55 | ミニッツ