もはやラジ日記と言うよりミニッツ日記ですね…(^^;)


by ryomapa
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リアル復活 後編

c0086129_16224734.jpg

こんにちは〜(・o・)ノ

さて、早速前回の続きでございます。

HMで思うように走れず、心が折れかけたんですが、気分転換にF1を走らせる事にしたんですが、ここで大きな問題が…

以前にも書いた通り、我が家のF1は今は無き6では皆さんの力添えもあり快調に走るんですが、一転イチムラさんではまともに走れない事が多いんですよねぇ…(--;)だから気分転換なんて言いながらF1を走らせたりすると、更に負のスパイラルに突入する可能性も…(汗)

そんな事を考えながら恐る恐るF1での走行を開始すると、事前のフルメンテのおかげか意外と普通に走っていてちょっとビックリ(笑)

しかしまぁ、ここで言う"普通に走る"っていうのは以前に比べたらって意味で、03とかに比べたら遥かに気を抜けない状態である事には違いありませんけどね…(^^;)

って事で、もうちょっと楽に走らせられるよう、セットをイジってみる事にしました。

先ずは以前から気になっていた(っていうか必要性を疑問視してた)リアのインナーチューブダンパーを外してみると、リアの安定感が増してこれがなかなか良い感じ…やっぱりインナーチューブダンパーは要らなかったかも…(笑)

まぁ自分がインナーチューブの必要性を疑問視していた理由は別の機会に詳しく書くとして、取りあえずインナーチューブダンパーは無しの方向でセットを進める事にして次にタイヤを替えてみる事にしました。

今までフロントは溝無し中古の30°、リアもインナーに厚手の両面テープを使った溝無し中古の20°を履いてたんですが、リアのみやはり厚手の両面テープで貼った新品20°タイヤを履かせてみると、やはり一皮剥けるまでは安定しませんが、しばらく走っているとかなりリアが安定して走らせ易くなってきました。

しかし、まだステアリングに対して反応が良すぎて動きがシビアな感じがなくならないので、思い切ってフロントを新品の40°に変更してみると、コレが大当たり!先ほどよりアンダーめにはなりましたが、神経質な動きがなくなりかなり走らせ易くなりました(^w^)

実は以前にも6やイチムラさんで40°のフロントタイヤを試したことがあったんですが、その時は単に曲がらなくなっただけですぐに30°に戻した事があったんですが、あの時は冬場で気温、湿度共に低めで路面グリップが今ほど高くなかったのがいけなかったのかもしれませんね

気温や湿度、路面グリップによってこんなに印象が違うなんて、うーん…やっぱりRCは奥が深いっスね(何を今さら…(^^;))
タイヤも決まった事で、その後はリアのフリクション下側のスプリングに入れていたシムを1ミリから2ミリに増やしたりとちょこちょこと微調整をしてかなり走り易い方向になってきたんで、その後はもうサルラジ状態でバッテリー交換以外はほぼノンストップで4パック走った所でタイムアップとなりました

それからリアタイヤに関しては美味しい所は意外と短いって事も分かりましたが、これは良いのか悪いのか…(^^;)

まぁとにかくかねてより悩みの種だったF1が普通に走るようになったんでしばらくはF1をメインに走らせてもいいかな…なんて考えております

って事で半年近くほったらかしにしてあるF1のホワイトボディの塗装(何カラーかはヒミツ)も再開しますかね(笑)

それでは今日はこの辺で、また次回お会いしませう〜(;∇;)/~~
[PR]
by ryomapa | 2011-05-20 16:22 | ミニッツ