もはやラジ日記と言うよりミニッツ日記ですね…(^^;)


by ryomapa
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

久しぶりに計ってみました

c0086129_9273554.jpg

c0086129_9273545.jpg

こんにちは〜(^∀^)ノ

さて、昨日の日記で書いた通り、ナローのボディをちょっと載せ替えましたがY師さんから「R34は結構手強い‥」というコメントを頂きました。

パッと見た感じではJSCCの鉄板ボディ、R35と大した違いはホイルのオフセットがR34がフロント+1ナロー、リアが-1ワイド、R35はフロントが同じく+1ナロー、リアが±0ワイドの違いはありますがそれ以外は大した違いは見受けられないんですが、なぜそんなに手強くなるのか不思議に思い、普段使っているナロー系のボディを数値的に比較してみる事にしました。

ただし、コレは自分が実際に手持ちのボディを計った数値でボディの個体差もあるでしょうからあくまで参考の数値という事でご了承ください。

今回比較したのは上記のR34とR35、それにR32を加えたGT-R三兄弟(笑)にインプレッサWRC2008、更に最近のお気に入りのFD3S、それにR34と一緒に購入してきたS15シルビアの計6種類のASCのボディです

因みに自分が使った事のあるボディで転倒しづらさの印象でランキングを付けるとあくまでも自分の印象ではR32→インプ→R35&FDの順となっています。

って事で、先ずボディ重量は‥

①R32GT-R 39㌘

②R34GT-R 39㌘

③R35GT-R 38㌘

④インプ2008 38㌘

⑤FD3S 39㌘

⑥S15シルビア 35㌘


と言う事でS15が若干軽めではありますが、±4㌘程度の範囲内となっていて重量に関しては大した違いは無いようでした。

と、なるとボディの重心位置の違いで特性が違うのかも?と言う事でボディ単体(シャーシに載せない状態)でのボディ高を計ってみましたが、コチラも‥

①R32GT-R 45㍉

②R34GT-R 43㍉

③R35GT-R 42㍉

④インプ2008 45㍉

⑤FD3S 40㍉

⑥S15シルビア 40㍉

となっていてコチラは先程も書いた通り、比較的転倒しづらい印象があるR35やFDが低く、R32やインプが若干ボディ高が高いと言う予想通りの結果でした。

しかし、この数値もボディ単体での計測なのでマウントの高さ等で変化する可能性は高いですけどね…(^^;)

でも面白いのはR34のボディ高さが32と35のほぼ中間って所で、この数値だけ見ると34は32と35の中間的な特性なんではないか?と言う仮説が成り立ちますが、ただ34は重量物であるリアウイングの位置が32や35に比べてかなり高い位置にあるんで(しかも34のウイングは32や35に比べて大きいですしね)実際の重心位置は高いのかも知れませんね。

という訳で、このようにボディ単体で色々と比較してみましたが、実際はこれに先程も書いた通り、マウントの高さの違いや、ホイルオフセットの違いでのトレッドの違いも絡んでくるんで実際に走らせるとまた違う印象が出てくるので一概にこの数値だけでは判断出来ない‥という結論に達しましたが、あくまで個人的な趣味でやった計測なんで「じゃあこの計測は意味無いじゃん!」とかのクレームはご遠慮くださいね(^^;)

まっボディ選びの一つの参考になれば幸いです(笑)

それでは今日はこの辺で、また次回お会いしませう〜(;∇;)/~~
[PR]
by ryomapa | 2010-09-14 09:27 | ミニッツ