もはやラジ日記と言うよりミニッツ日記ですね…(^^;)


by ryomapa
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

充電器&バッテリー

c0086129_9212129.jpg

c0086129_9212126.jpg

こんにちは〜(^∀^)ノ

さて現在ミニッツ用単4(AAA)バッテリーの充電にしているのはメインがセイキが輸入販売している「ダイナパワー・パーフェクトチャージャー」(以下 ダイナパワー)、サブとしてオリオンの「EZ チャージャー プロ/アマデジタル」(以下 EZチャージャー)を二台づつ使用しています。
簡単にこの2つの充電器のスペックを書いておきますと先ずはダイナパワーから‥

*input
DC 12〜14V
AC 100〜240V

*output(for AAA)
1000mA(pulse)

続いてEZチャージャーは‥

*input
DC 12V
AC 100〜240V

*output(for AAA)
800mA

となっており、これ以外のスペックはどちらもΔピーク検知方式でトリクルチャージ機能やリフレッシュ(放電)機能を備えている点は同一となっています。

何故ダイナパワーがメインでEZチャージャーがサブなのかと言うと同じバッテリーを充電した場合、ダイナパワーで充電したバッテリーの方が充電電圧が高いせいかパワフルなようなんでこちらをメインにしている訳ですが、ただ上記の理由のせいかダイナパワーは充電終了時にバッテリーの温度が高めになるようですね。

しかし、この充電特性を利用して今はこの二種類の充電器の使用方法を変えています。

それは自分達はいつもりょうまが学校から帰ってきてから2〜3時間位しか走れないって事もあり、使用するバッテリーは全て自宅で充電していく事にしてるんですが、この時には全てメインのダイナパワーで充電しています。

しかし、自宅で充電していくといくら自宅から20分程度でサーキットに行けると言ってもバッテリーは完全に冷えてしまって、このまま使用するとパワー感の無い状態になってしまいます。

ですから現地で軽く追い充電をかけるようにしているんですが、最近はこの時ににEZチャージャーを使うようにしました。

その理由は追い充電をするとバッテリーに負担がかかるので、その負担を少しでも減らす為にダイナパワーに比べ充電電流の低いEZチャージャーを使っているって訳ですね。

充電方法以外にもバッテリーの管理で気を使っているのはやはりバッテリーの温度管理で、気温の低い冬場は当然として今の時期でもバッテリーが冷え過ぎないよう、写真2枚目のバッテリーをケースごと100均で買った保温ケースに入れて持ち歩いていて、寒い時にはこのケースの中に更に使い捨てカイロを入れて、ある程度バッテリーを温めて使うようにしています。

まぁこれから暑くなってきたら今度はファン等を使って温度が上がり過ぎないようにしないといけないですね

それでは今日はこの辺で、また次回お会いしましょう〜(;∇;)/~~
[PR]
by ryomapa | 2010-04-13 09:21 | ミニッツ