もはやラジ日記と言うよりミニッツ日記ですね…(^^;)


by ryomapa
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今まで書き切れなかった事

c0086129_9197100.jpg

c0086129_919796.jpg

c0086129_919748.jpg

こんにちは〜(^∀^)ノ

さて今日は今まで書き切れなかった(忘れてた?)ミニッツ関連の小ネタを書いていこうと思います。

先ずはウメー・ペテルソン様が気にしているらしい(笑)写真1枚目のF430用自作ボディマウントについてですが、自分で言うのも何ですがかなり良い感じです(^w^)。

このマウント、偶然にもR34GT-Rと寸法がほぼ一緒だったんでりょうまにR34、F430共用で使わせているんですが、激しいクラッシュをしてもボディやマウントには殆どダメージは無いようで(勿論、キズは付きますけどね)ショック吸収用のOリングがちゃんと効いているようですし、今の所クラッシュでボディが外れたりズレたりって事も皆無です。

まぁショック吸収用のOリングの効果もさることながら、ベースに使ったポリカ板自体も純正のマウントのプラの材質に比べ強度が高く、柔軟性があってかなり強度もあるんで普通に使っている限り壊れる事は無いと思われます。

それにOリング下にスペーサーを挟む事でボディの高さを微調整出来るってのもポイントですね

因みに現在はF430には0.5ミリのシムが一枚、R-34には0.5ミリ×2を入れるとサスがフルバンプした時にギリギリ路面に干渉しない位置となっていますが、この辺はシャーシの車高やタイヤのハイトで変わってくるんくると思います。

ただ唯一の欠点はその重さで、今回は試作って事でポリカ板以外はあり合わせのスチール製のビスやナットを使ったんで純正品より4〜5倍は重くなってしまいました…

まぁアルミやチタン製のビスやナットを使えばある程度は軽くなるとは思いますが、それでもプラの一枚板の純正品より構造が複雑な分、結構な重量増は避けられませんけどね…(^^;)

って事でウメー・ペテルソン様その欠点を踏まえた上でどんどんパクっちゃってください(爆)

続いてはボディ関連の小ネタです。

前回RMワイドで自分とりょうまが使用した写真2枚目の「コルベットCR-5R」と「フェラーリF430」ですが、途中二人でクルマを入れ替えて走ったりしたんですが、シャーシのセットは二台とも全く一緒なんですがF430の方がよく曲がる印象で、逆にコルベットは単純に曲がりはF430よりは落ちますが、その分安定感が高く非常に走りやすいボディでした。

これは自分だけでなくりょうまも同じ印象を抱いたらしく「なんかF430の方が曲がるよね?」と言ってましたね

という訳でいつものようにボディの寸法的な違いをを実測してみたんですが、ビックリな事にこの2つのボディ、前後のオーバーハングがほぼ一緒(フロント3cm、リア1.5cm)なんです(゜∇゜)

って事はサイズの違いではなく、ホイルオフセットの違い(F430 F+1、R+1 コルベットF+1.5 R+2)の違いによるトレッドの違いが大きいのかも知れませんね

最後にARCポンダーの搭載方法ですが、今まではポンダーはフロントボディマウント部分に両面テープで固定していたんですが、これだとクルマを変えるとその都度ポンダーを固定し直すのが面倒だったんで写真3枚目のようにマジックテープで固定してルマを変えた時にポンダーもすぐ積み替えられる方法に変えてみました。

ホントはシャーシ別に違う番号のポンダーを積んだ方がシャーシ毎のタイムの比較が出来て便利なんですが、ポンダー自体が意外といいお値段がするんで取りあえずはパパ用(1番)、りょうま用(2番)の2つのポンダーを使い回しています(^^;)

って事で、細かい小ネタを幾つか書いてみましたが、まぁどれも皆さん「既に知ってるよ」ってネタばかりだったかも知れませんが取りあえずって事でご勘弁を…(笑)

それでは今日も、この辺でまた次回お会いしましょう〜(;∇;)/~~
[PR]
by ryomapa | 2010-04-11 09:19 | ミニッツ