もはやラジ日記と言うよりミニッツ日記ですね…(^^;)


by ryomapa
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

コレおすすめです(^_^)b

c0086129_91632100.jpg

こんにちは〜(^∀^)ノ

さて、昨晩から重い腰を上げ最近走らせまくっているミニッツ(03)のフルメンテを開始しました。

昨晩はフロント周りのメンテをやったんですが、フロントサス周辺をバラしアッパーアーム等の樹脂パーツにクラックや割れでいる所が無いかチェック後、次にキングピンやアッパーアーム等のピン類やサスボールをクリーナーを使ってキレイ洗浄‥ついでにナックルのキングピンが通る穴もクリーナーをスプレーし、内部を洗浄‥この部分は外から見たのでは分かりづらいんですがタイヤカスが入り込んでいつのまにか動きが渋くなる事があるらしいんでたまにクリーナーで洗浄した方がよいとイチムラの店長に教えてもらったんですが、確かにスプレーしたら黒いタイヤカスが結構取れたんで「何かキングピンの動きがちょっと渋いなぁ‥」と思ったらチェックしてみるといいかもしれませんね。

後は元通りに組み立てればフロントサス周辺のメンテは完了なんですが、さて今日の本題はここからです(前置き長すぎ…)

組み直す際に自分の場合はピンやボールに動きを軽くする為に潤滑用のケミカルを少量使用しているんですが、この潤滑剤が意外と曲者だったりします。

自分もちょっと前まではRC用やエアガン用やホームセンターで購入したりした非溶剤系のフッ素配合のオイルスプレーを色々試してみたんですが、この手のフッ素系オイルスプレーは確かにスプレーした直後は動きはスゴくスムーズになるんですが、走っているウチにホコリやタイヤカスを呼び込んでしまって段々と動きが渋くなってきたりしますよね(>Σ<)

って事で何か良い物ないかなぁ…とホームセンター等で色々探していたんですが、以前にこの日記で「KUREの接点復活剤って3種類あるけど何が違うの?」って話を書いた時に参考にしようとKUREのHPを観ていた時にあるケミカル剤が目にとまりました。

それは写真の「ドライファストルブ」と言う潤滑スプレーなんですが、コレはその名の通りドライタイプの潤滑剤で、ドライタイプならウェットタイプのよりに汚れを呼び込みづらいだろう‥って事で、早速近くの大型ホームセンターへ出向き、コイツを入手してきました。

早速キングピンやアッパーアームサスピンに軽くスプレーしたみたんですか、パッケージにも書いてある通り速乾性なんであっという間に乾いてしまいますが、動きは軽くなり結構良い感じ…(^w^)

それから数回に渡って走りに行く度に使用してきましたが、やはりウェットタイプに比べるとタイヤカスやホコリはかなり付着しずらくなり、更に耐久性も結構高いようで、最初に1回スプレーしておけば4〜5パックはスルスル状態を維持出来ます。

まぁRCメーカーからも同じようなフッ素系ドライタイプの潤滑剤は発売されていますが、意外と量が少ない割には値段が高かったりしますが、この「KUREドライファストルブ」は量も多く(300ml)、値段もお手頃(自分\689で購入しました)でドライタイプって事でホコリや土なんかも付きづらいようでミニッツに限らずツーリングやオフのサスピン等にも使えそうですから工具箱に1本あると便利そうで非常にオススメです(^_^)b

と、ここまで書いて、ふと気づいたんですが、ここ最近KURE製品について何回も書いていますが自分は決してKUREの回し者ではないですからね〜(笑)

例えばW○KO製のケミカルなんかは品質もかなり良くワークスの人達でも愛用している方も結構いるみたいですが、KURE製に比べたら値段が結構高かったり、その辺ではなかなか売ってなかったりと、手軽に使うって感じじゃないですよねぇ…

その点、KURE製品なら値段も手頃で、その辺のホームセンター等で結構簡単に入手出来ますから自分達のような一般人にも手軽に使えますからね(^_^)

って事で今日は話が脱線しまくって長くなってしまったんでこの辺で、また次回お会いしましょう〜(;∇;)/~~
[PR]
by ryomapa | 2010-01-30 09:16 | アイテム